Patent Library 010-001 (88 タイトル 443ページ) 


010_ブロッックチェーン、どんな分野でどのように使われている?

エストニアでは、居住権、税金、医療記録、電子投票そして証券取引 まであらゆる公的分野でブロックチェーンが使われています。 占領の歴史からこの国ではリアルアセットへの拘りを捨て全て仮想化 したのです。 

このように国を挙げた活用例をはじめ世界ではブロックチェーン技術 の活用例が増えています。このセミナーでは、様々な分野におけるブ ロッックチェーン技術の活用例を、その特許をベースに解説します。 

 

【ブロックチェーン電子投票システムおよび方法】Follow My Vote 

【ブロックチェーンに対応したノードID拡張デジタル記録署名方式】Gurdtime 

【分散型台帳を使用して加盟店から業務トランザクションを実行する方法およびシステム】Civic Technologies 

【サプライチェーン上でのトラッキングデータをブロックチェーン上で管理するアイデア】SKU Chain 

【ブロックチェーンに基づく分散合意制御の使用】Trans Active Grid 

【デジタルアイデンティティを管理するためのシステムおよび方法】 Cambridge Blockchain 

【分散型自律ヘルスケアエコノミープラットフォームのためのシステムと方法】 PokitDok 

【作品の所有権を確実に確立し、肯定し、譲渡する方法】Ascribe 


009_ヘルスケア、ライフマネジメントそしてセキュリティ

米国で注目される15のテクノロジーの中から、ヘルスケア、 ライフマネジメントそしてセキュリティを対象に実現性が高 いと思われるサービスに関しその特許から解説します。 

 

【祖父母と孫の遺伝的比較特許】 23andMe 

【ペットのセキュリティ監視】Alarm.com 

【モバイルデバイス向けアプリケーションの自動分類】appthority 

【 VR+ARシステム】Magic Leap 

【視覚的データ操作のための方法およびシステム】Adaptive Insight 

【運動システム及び方法】Peloton Interactive

【地理的位置に基づく、ネットワークへの脅威の検出】Zimperium

 【人の歩行速度の変化を識別するシステム】Dutch Domotics

 【咀嚼・摂取可能な製品及び通信システム】Proteus Digital Health 


 

008_BIG5の特許出願動向と重点分野_2

米国のCB Insight社の調査によると、 GAFA+Mの特許出願件数は、2016年で52,000 件を数え、登録件数は10,000件を超えています。 特許出願を分野別にみると、AI、AR/VRそし て自動車関連に集中しており、特にAI分野は急 速に出願数が増加しています。 この講座ではこれら各社の特許出願動向と重点 分野、代表的特許について分かりやすく解説し ます。特に代表的特許は、テクノロジーとサー ビスの視点で具体的に解説します。 

【AR(Augmented Reality) Map】Apple 

【健康データ算出デバイス】 Apple
【AR/VR環境におけるテレポーテーション】 Google
【複数のLIDARS(光検出と距離測定)を有する車両】 Google
【視覚信号を識別するためのシステムおよび方法】 Google

【配送センターにおけるARユーザインターフェイス】Amazon 

【配達用ロープ補正手段を有する配達ドローン】Amazon 

【心拍数検出のための顔特徴選択】Amazon

【無人飛行体に対する遠隔電力供給】 Facebook 

【ユーザの所属に基づきSNSグループを分類する方法】  Facebook


007_Facebookの感情技術関連特許とSnap社の特許

Facebook社のEmotion Tech(感情テクノロジー) をテーマに同社の最新の特許から感情テクノロジー 関連、そして同社の最大のライバルで2018年1月に NYSEに上場し、脱メッセージ、プラス画像、カメ ラ企業への転身を標榜しているSnap社のテクノロ ジーとサービスについて両社の特許をベースに解説 します 

 

【テキストメッセージに感情情報を付加するシステム、 方法およびデバイス】 

【感情の検知とコンテンツ配信技術】 

【表示された顔の特徴イメージを分析して絵文字を動的に 生成するシステムと方法】 

【ビデオ会議における参加者(顧客など)の感情認識】 

【関心事を共有する人からのメッセージギャラリー 】

【音声メモのハイブリダイゼーションと呼び出し】 

【光学式バーコードのカスタム機能パターン】 

【位置情報ベースの絵文字表示】 


006_Fintech/AIを使って変革したサービスモデル

 

Fintechの分野では、米英を中心に支払い、送金、決済な どの業務で最新のテクノロジーを活用した新規参入企業 によるビジネスモデルイノベーションが進展、これまで のレガシーな仕組みを破壊するという意味で業界ディス ラプションと言われています。 この講座では特にAIを使って変革したサービスモデルに 関する特許の事例をご紹介します 

 

【複雑なアルゴリズム実行のための分散ネットワーク】 

【資産管理と取引のための革新的分散アルゴリズム 】 

    遺伝的アルゴリズムを用いて最適な金融取引方法を求めるアイデ ア 

【金融関連チャットボットにおけるダイアログ生成システム】 

【スマホ、PC、アプリ、ブラウザ上での操作入力の監視とAIを用いた 攻撃の検出】 

【機械学習を用いて借り手のスコア(信用度)を算出するシステム】 

 


005_BIG5の特許出願動向と重点分野


以下004-001では、 GAFA&Mが出願した特許情報から米国の情報誌誌( Forbes, CBInsight, engadgetなど) で話題になった特許を選び、対象とするビジネスモデルやテクノロジー、特にその着眼点を掴み、 概要と特徴を分かりやすく纏めました。。 

当組合では、モバイル、AI、ビッグデータ、クラウド、IoTなどの分野で新サービス、新商品の開発 をお考えの皆様がこれらの情報をご活用いただくことを期待しています。  


004_先進企業の特許に学ぶ_Google

 

 

「先進企業の特許に学ぶ」 007 Google 

【NFCを用いたスマホロック解除】 

【複数のロボットに対するタスク割り当て】 

【危険物質搬送監視システム】
【メッセージペイメント】
【忘れ物防止システム】
【センサを用いた通信システム】 

【レシート情報を用いた広告提供方法】

 【動画に対する感情評価システム 】 

【ウェアラブルなセンサーの関連づけによる装置の自動ログイン】 


003_先進企業の特許に学ぶ_GAFA 

 

006 Apple Amazon Google 

【耳形状認識によるスマホ操作】 

【自動車を用いた路面状況計測システム】 

【3Dプリンターを用いた配送システム】 

【ジェスチャーによる情報交換】 

 

005 Google Facebook 

【ハンドジェスチャーで重要部分をキャプチャー】 

【ソーシャルネットワークにおける自動応答】 

【ストリートビューを用いたパノラマナビ】 

【デジタルメディアのタグ付け方法】 


002_先進企業の特許に学ぶ_Google_MS 

 

004 Google 

【ジェスチャー入力】
【ジェスチャーによる自動車制御】 

【加速度計データに基づくアプリケーションのアクティブ化】

【環境情報に基づく広告
【リングバック広告】 

003 マイクロソフト 

【ユーザの感情に応じたターゲット広告】
【生体通信チャネル】 

【テキストメッセージを用いたスプレッドシートとの情報のやりとり】 

【オンラインパーソナル外観アドバイザー】

【ライフストリーミング】 

 【ショッピングアシスタント】 


001_先進企業の特許に学ぶ_Amazon/Apple

 

  002 Amazon 

 【小包出荷予測システム】

 【ECサイトにおける商品カテゴリの自動選別】 

 【デジタル的に配信可能な商品の配達及び販売方法】 

 【インターネット上のユーザ紹介システム】 

 

 001 Apple 

 【いつでも使えるショッピングリスト】 

 【ショッピングセンターアクセスシステム】 

 【バーチャルファッションクローゼット】

 【スマートガーメント】 

 【モバイルデバイスにおけるジャーナリング】