Tech Trend セミナー (5月10日開催)

「ブロッックチェーン、どんな分野でどのように使われている?」

◆ 各社の特許情報から ◆



この分野で特筆すべきは、エストニアでしょう。46歳の史上最年少の大統領、38歳の首相のこの国では、居住権、税金、医療記録、電子投票そして証券取引まであらゆる公的分野でブロックチェーンが使われています。 占領の歴史からこの国ではリアルアセットへの拘りを捨て全て仮想化したのです。

このように国を挙げた活用例をはじめ世界ではブロックチェーン技術の活用例が増えています。

このセミナーでは、様々な分野におけるブロッックチェーン技術の活用例を、その特許をベースに解説します。

講師は、当組合パートナーの河野弁理士です。    

注)ご紹介例は10例程度を予定しています。内容は変更することもあります。



プログラム

▪️開催日時:5月10日(木 )17:30-18:30(講義)                                                    19:00-21:00(懇親会)         

▪️開催場所:東京都千代田区永田町2-14-3 東急不動産赤坂ビル3階会議室

 https://www.tokyu-land.co.jp/bldg/search/detail.php?id=4      

 ▪️講師 河野特許事務所 所長 弁理士 河野英仁

▪️受講料・懇親会費用

 受講料:4,000円(税込、一人) 懇親会費用:5,000円(税込、一人)

注)定員(20名)になり次第締め切りとさせていただきます。


講師 

河野 英仁(こうの ひでと) 弁理士 河野特許事務所所長

1998年立命館大学大学院理工学研究科情報システム学博士前期課程修了。1999年弁理士登録。2005年Franklin Pierce Law Center (米国New Hampshire州)知的財産権法修士修了。 2007年特定侵害訴訟代理人登録、清華大学法学院(北京)留学。中国知的財産権法夏期講習修了。 現在は、中国知財権利化に関するコンサルティング(発明特許・実用新案特許・ 意匠特許・商標登録出願、著作権登録など)および「中国知財紛争 に関するコンサルティング」(模造品対策、民事訴訟、行政訴訟、無効宣告請求、侵害鑑 定など) に注力。2016年 マサチューセッツ工科大学 Fintechコース修了。