受講できなかった方に

         最近の講座ご案内 』

 

最近開講した講座の概要をご案内します。

講座の詳しい内容をお知りになりたい方に、講座で使用した教材(ppt)をご提供します。(有料)



   実践講座「 補助金を活用した新サービス開発の薦め」                   〜 下期大型補正予算をターゲットに 〜

 

 

 

補助金の活用」 講師:補助金コンサルタント (株)グランツカンパニー 代表取締役 澤井泰良

   プログラム:

 1. 補助金の特徴  2.ソフトウェア業の補助金  3.補助金申請の準備

         4.補助金の種類 5. 2016年-17年の傾向 6.IT特許組合のサービス

「採択を促進する特許申請のポイント」講師: IRD国際特許事務所 所長 谷川英和 

   プログラム:

     1. 特許が取れるサービスとは、2. 簡易調査のすすめ 3. 大学との共同開発ご提案  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

        この2つの講座の教材( 62ページ、モノクロ、両面、2画面/ページ)は、¥3,000(送料込み)で

  販売しています。

         -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



「先進企業の特許に学ぶ」 2005シリコンバレーTOP100社から 

 講師:河野特許事務所 所長 弁理士 河野英仁

 この講座では、米国ビジネスインサイダー誌掲載の「The Silicon Valley 100」から有力ベンチャー企業のパテントをアイデアの視点で分かりやすく解説しました。

 

この講座の趣旨は、受講者の皆さんにこれら有力企業のパテントから①今後普及しそうな製品・サービスのヒントを掴 ②どのようなアイデアがパテントになるのだろう、という2点を学んでいただきます。

 なお、この講座の教材( 64ページ、モノクロ、両面、2画面/ページ)は、¥3,000(送料込み)で販売しています。

 

対象パテントタイトル(会社名)

① SNSにおいて複数の近隣のユーザを管理するシステム ( Nextdoor )

② マトリックスキーボードシステム(右手で列を、左手で行を指定する入力システム) ( Twitch )

③ VRヘッドセットの位置決めを高速及び低速キャリブレーションの2つを用いて行う。 ( Oculus VR )

④ 企業ネットワークにおけるBYODに対するアプリケーションの配信管理システム  ( MobileIron )

⑤ メッセージの受信または指定に応じてワークフローを自動生成 ( Zendesk )

⑥ 電子商取引用ゲームベースのインセンティブ ( Zynga )

⑦ Onブロックチェーン取引との組み合わせにおけるOffブロックチェーン取引  ( Coinbase )

⑧ 自動パスワード生成及び変更システム ( Octa )

⑨ 外部システムからのアクセスを可能とするセキュアな外部アクセス方法  ( SmartThings )

⑩ 乗客のピックアップ位置、目的地を運転手に伝え、さらに第2のピックアップ位置及び目的地を提供する派遣決定システム  ( Lyft )

⑪ マルチモードセンサーデバイス ( Fitbit )

⑫ 低解像度の動画をアップロードし、タスクリストに応じて高解像度動画をアップロードする ( GoPro )  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

教材64ページ(モノクロ、両面、2画面/ページ)¥3,000円(送料込み)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------



「先進企業の特許に学ぶ」  先進Fintechベンチャーとパテント

講師:河野特許事務所 所長 弁理士 河野英仁 

 この講座では、シリコンバレーを中心に活躍するフィンテックベンチャーの中からVCが注目する有力ベンチャー企業のパテントをアイデアの視点で分かりやすく解説しました。

この講座の趣旨は、受講者の皆さんにこれら有力企業のパテントから

①今後普及しそうな製品・サービスのヒントを掴む

②どのようなアイデアがパテントになるのだろう、という2点を学んでいただきます。

 なお、この講座の教材(55ページ、モノクロ、両面、2画面/ページ)は、¥3,000(送料込み)で販売しています。

 

対象パテントタイトル(会社名)

 ① 代理振り込みシステム ( Kabbage Inc.)

 銀行が相互に異なる振込人から受取人へ振り込みを行う場合に、仲介装置を介して振込処理を行う。

② 株ポートフォリオ運用方法 (Motif Investing, Inc.)

 ユーザは在庫資産株に重み付けを行う。分野別に株を適宜追加削除し、分野別に重み付けを行う。

③ リアルタイム自動オンラインローン取引システム (On Deck Capital, Inc)

 オンラインでのビジネスローン取引システムであり、ネット上でビジネス、クレジット、銀行データ、金額、返済期間を受け付け、審査を行う。

④ 金融口座認証 THE YODLEE PLATFORM (Yodlee, Inc. )

 仲介となる収集サーバが、複数の金融機関からの認証を経てユーザの金融情報を収集するシステム。

⑤ 位置取引処理システム (Dwolla Corp)

 ユーザの近くにるDwolla支払いシステムを使用する店舗、ユーザをMAPに表示し、メール、SNSを使用して送金するシステム。

⑥ 金融商品のソーシャルベース自動取引 (eToro Group Ltd.)

 マスタートレーダーの取引行動を参考として自動取引を行うソーシャル取引システム。

⑦ 携帯端末を用いた現金支払い取引 (Paynearme, Inc.)

 商品購入時に現金支払いを行う場合、スマホを用いてコンビニで決済を行うシステム。

⑧ カードレス支払いシステム(Square, Inc.)

 店舗から所定距離内に位置するユーザに対してカードレスで決済を行うシステム。

⑨ 決済システム ( Stripe, Inc. )

 支払情報を店舗側サイトに開示することなく、店舗側サイトとユーザ側装置との間の取引を生成する方法。

⑩ 自動署名システム ( Zopa )

 “自動で同意ボタンを抽出して、自動でクリックしましょう”というアイデア

⑪  中小企業向けローンサービス ( Biz2credit Inc.)

 スモールビジネスクレジット製品のオファーに関する決定エンジン及びビジネス分析ツール。  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

教材55ページ(モノクロ、両面、2画面/ページ)¥3,000円(送料込み)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------