日本IT特許組合の組織


日本IT特許組合は、2001年3月に設立され、下記の組織で運営されています。

 

 

 

 

 

  

会 長 伊佐山建志  元特許庁長官

特別顧問   安達 一彦  (株)インテリジェントウェイブ 会長

特別顧問 梶山 桂  ヒューマンキャピタル研究所(株)代表取締役社長

 

理事長 萱沼 徹  (株)ディー・マネージ 代表取締役社長 

理 事 和田 成史 (株)オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長

理 事 竹原 司  インフォグリーン(株) 代表取締役社長

理 事 内田善久  Okage(株)代表取締役社長

理 事 澤井 泰良 (株)グランツカンパニー 代表取締役

理 事 島  浩章 (株)ぴやまる 取締役 兼CTO

事務局長 生野 糧作

 

組合員 28社(2016年12月1日現在) 


ご挨拶「アイデアとスピードを活かし、新サービスを創りだそう!」

                  日本IT特許組合 理事長 萱沼 徹


この度、当組合の理事長を拝命した萱沼です。
IT業界の重鎮である安達会長の後任は、極めて重く感じていますが、ご指名でもありお引き受けしました。皆様の絶大なご協力をお願い申し上げます。
この業界は、今やスマホ、クラウド、ビッグデータ、AI、SNS、IoTそしてこれらのベースとなるOSSなどがなんでも手軽にそして安価に使えるようになりサービス環境は十分な状況にあります
このような環境の元でベンチャー企業が目指すのは、これらの環境を使いこなしてユーザの痛みを解決するきめ細かいサービスをいかに迅速に安価に提供するかということです。
正にベンチャー企業のアイデアとスピードが認められる時代になりつつあるといえます。
当組合ではこのような時代に対応して、ベンチャー企業の皆さんに新たなアイデアを提供し、サービスの創出、事業化支援を行うとともに、これらのアイデアを守る手段として特許権を始めとする知財サービスをご提供します。
ベンチャー企業の皆さん、創業をお考えの皆さん、ぜひともご一緒にあたらしいサービスを作り出しましょう。

 


日本IT特許組合の年会費


・当組合は、組合加盟企業の年会費で運営されています。

・年会費は、組合員の会社規模によって決めています。

  注)2017年1月1日改訂  

・年会費

組合員区分: 年会費 

a.上場企業:  180,000円

b.未上場企業: 120,000円

c.資本金5,000万円未満の企業:60,000円


・協賛会員制度について

  通常の組合員に加えて、ITベンチャー企業の活性化にご協力いただく「協賛会員」を募っています。

  特にアライアンスフォーラムを通じた新製品・新サービスへのご支援をお待ちしています。

 ・対象:「シェアNo.1の秘訣」講師やフォーラム参加を通じたビジネス支援などを行っていただける企業

 ・年会費:50,000円

   注)2014年12月1日改訂


日本IT特許組合 加入手続き


日本IT特許組合に加入いただく手続きは、以下のとおりです。

1.お問合せページから「日本IT特許組合加入希望」とご連絡ください。

2.組合加入申込に必要な書類をメール添付でお送りします。  

  組合加入申込書、組合契約書

3.  加入申込書に所定事項を記載、メールで事務局に送付してください。

   → inq@it-patent.jp 

4. 理事会で加入審査を行います。

5. 入会が認められた場合は、加入申込書に承認印(理事長のサイン)を押印し、写しを貴社に送付します。

6.年会費を所定の講座にお振込みいただきます。

7. 組合のウェッブサイトに貴社名を掲載させていただきます。

8.組合加盟企業、事務局によるリード・ジェネレーションサービスの対象になります。


お問合せは、

日本IT特許組合 事務局

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3  

TOC第1ビル 8F

TEL:03-6869-0786 Mail:inq@it-patent.jp