ビデオ講座 スタート!

当組合では、これまで新技術、新サービスとそれらを支える特許に関し様々な視点でセミナーを提供してきました。

今後は、これらのセミナーと並行して、日本全国のIT関係者、IT利用者の方々に、いつでも、どこででも、勉強していただけるビデオ講座をご提供します。

 




ビデオ講座vol.1 視聴料

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 期限なし

米国のCB Insight社の調査によると、IT大手5社(アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト)の特許出願数は、2009年〜2016年で52,000件を数え、2013年で出願数最多のグーグルは年間3,371件を出願した。 

この出願数増加の結果、大手5社の登録件数は、2016年には10,000件を超えると思われます。

 特許出願を分野別にみると、AI、AR/VRそして自動車関連に集中しており、特にAI分野は急速に出願数が増加しています。     

 この講座では、これら各社の重点分野と代表的特許について分かりやすく解説します。 

  • BIG5の出願件数     -----   分
  • 各社の分野別出願件数   -----  分
  • 各社の分野別注目特許紹介 11件 ---- 分 全-----分


ビデオ講座vol.1 コンテンツ

  • 各企業の特許出願件数
  • 5社の各年特許出願件数合計
  • 各社の特許出願累計
  • GRANT PUBLICATION ACTIVITY BY COMPANY
  • 各社の分野別出願件数
    • 人工知能
    • 自動運転
    • AR/VR
  • 各社の分野別注目特許紹介       

ビデオ講座vol.1  講師

河野 英仁(こうの ひでと)

弁理士 河野特許事務所所長

 

1998年立命館大学大学院理工学研究科情報システム学博士前期課程修了。1999年弁理士登録。2005Franklin Pierce Law Center (米国New Hampshire)知的財産権法修士修了。 2007年特定侵害訴訟代理人登録、清華大学法学院(北京)留学。中国知的財産権法夏期講習修了。 現在は、中国知財権利化に関するコンサルティング(発明特許・実用新案特許・ 意匠特許・商標登録出願、著作権登録など)および「中国知財紛争 に関するコンサルティング」(模造品対策、民事訴訟、行政訴訟、無効宣告請求、侵害鑑 定など) に注力。2016年 マサチューセッツ工科大学 Fintechコース修了。


Coming soon!

 

vol.2  『AIを活用するフィンテック

                  - 既存サービスのディスラプション -

         Fintech/AI最新の特許紹介』                2017/12発売予定!

 

vol.3  特許基礎講座『第3のプラットフォーム時代に対応して』

                       2017/12発売予定!